所得と収入ってなにが違うの?税金は収入ではなく課税所得から計算されます!

税金
GDJ / Pixabay
スポンサーリンク

給与明細から見る税金 額面と手取りの差額把握してます?」では具体的に自分が払っている税金について給与明細を見ながら考えてみました。

前回はそれぞれの税金を計算するのに「所得」という言葉を説明なしに使っていましたが、「所得」って普段使わない言葉ですし、いまいち何を意味するのか曖昧じゃありませんか?

私自身、恥ずかしながら新社会人の時は「所得」なにを指すのかなんとなくでしか理解できていませんでした。

 

スポンサーリンク

所得と収入の違いって何?

「所得」とよく似た言葉に「収入」があります。

よく聞く「年収」も1年間の収入のことですので、「収入」の方が「所得」よりもより身近な言葉ですよね。

 

では「収入」と「所得」が同じかというと、それは違うんです。

 

「収入」は入ってくるお金であり、「所得」は収入から必要経費を差し引いたお金のことを言います。

 

つまり

所得=収入ー必要経費

ということです。

 

ここでいう必要経費とは、収入を得るために使ったお金のことをいい、所得とはイコール利益のことを指します。

 

自営で販売業を営む人を例にするとわかりやすいかもしれません。

 

利益(所得)=売上(収入)ー仕入金額(必要経費)

 

売上から仕入金額を引いた分が利益になります。

もちろんかかる必要経費は仕入金額だけではないので、こうも単純にはいきませんが考え方としてはこのようになります。

 

サラリーマンの人など給与をもらっている人に関しては、必要経費をそれぞれ個人で計算するのは大幅な手間になってしまう為、みなしの必要経費として給与所得控除額(給与収入によって増減)が収入より引かれて所得が計算されます。

 

所得と課税所得の違いって何?

ここまで説明してきたように、収入から必要経費を引いたものが所得、つまり利益になります。

 

ではこの所得(利益)から税金を計算していくのかというとそれも違います。

ここからさらに所得控除を引いたものが課税所得となり、この課税所得を元に支払う税金が計算されます。

 

つまり

課税所得=所得ー所得控除

ということです。

 

また新しい言葉が出てきましたね。

所得控除とは一定の条件を満たすと控除される金額であり、様々な人に一律に税金を課税すると生活ができなくなってしまう人もいる為、公平性を保つための制度です。

 

所得控除の種類

 

国民全員が対象となるのは基礎控除。それ以外は条件を満たすことによって一定の金額を所得から引くことができ、税金を計算するもととなる課税所得を低くすることができます。

 

ここで注意したいのが、先ほど出てきた給与所得控除額は所得控除とは別物ということと、所得税と住民税では所得控除の金額が異なることです。

名前だけ見ると所得控除の一種と思いがちですが、給与所得控除はあくまでもサラリーマンなどの給与を貰っている人に対するみなしの必要経費ですので所得控除とは別物です。

もう一つ、所得の計算までは所得税・住民税ともに計算方法は同じですが、所得控除については、所得税・住民税で金額が異なるので要注意です。

 

課税所得から税金を計算してみる!

ここまでの話をまとめると、

 

課税所得=収入ー必要経費ー所得控除

 

この計算方法で課税所得が求められます。

あとはこの課税所得をもとに税金を計算していくだけなのですが、ここまでの知識だけではまだ正しく税金を計算することはできません。

 

このあと必要になってくる知識が①10種類もある所得の種類について②総合課税・申告分離課税・源泉分離課税についてです。

所得によって課税方法が異なりますので、自身の所得がどの区分に当たるのかを知らなければ税金を計算することはできません。

 

今回それを説明すると長くなりすぎてしまうので①②は次回以降学ぶとして、今回は一番身近な給与所得について考えていきたいと思います。

 

所得税

所得税 = 課税所得 × 税率(控除額あり)-税額控除額

今回の例では税額控除(配当控除や寄付金控除、住宅借入金等特別控除など)は考えませんので、課税所得を200万円と仮定すると下記の表から所得税を出すことができます。

 

所得税=課税所得200万円×10%-97,500円=102,500円

 

住民税

住民税=均等割平等負担する金額)所得割前年所得じて負担する金額)
所得割=(所得金額-所得控除額)×税率-調整控除額

※調整控除額とは所得税と住民税の人的控除額の差を調整するために作られた制度です。以下の算出方法で出した金額を合計額から控除します。

 

東京都品川区を例に具体的な計算に入っていきたいと思います。

東京都の都民税率
=所得割4%+均等割3,500円

品川区の区民税率
=所得割6%+均等割1,500円
合計=所得割10%+均等割5,000円

 

課税所得を200万円とすると住民税は下記の式で求められます。

住民税=5,000円+200万円×10%-2500円=202,500円

 

今回のまとめ

  1. 所得=収入ー必要経費
  2. 課税所得=所得ー所得控除
  3. 所得税・住民税は課税所得から計算する

 

以上で収入と所得の違い、課税所得からの所得税・住民税の計算方法のまとめは終わりです。

 

今回は例として所得税・住民税ともに課税所得を200万円として計算しましたが、実際には所得税・住民税で所得控除の金額が異なり、最終的な税金の金額も異なるので注意してください。

 

今回は概要として給与所得における税金の計算方法について学びました。

次回以降は、所得の種類について総合課税・申告分離課税・源泉分離課税について学んでいきたいと思います。

 

10種類の所得について基礎知識を学ぶ!
所得の種類が異なると課税方法も異なります!

コメント