タイプ別に見る副業の所得の種類と確定申告が必要な時の条件

副業
スポンサーリンク

副業をする上で気になることのひとつとして良く挙げられるのが、税金と確定申告についてです。

 

どのくらい儲けたら税金がかかるのかであったり、確定申告は必要なのか、税金から会社にバレたりしないのかどうかなど、副業儲けることと税金を支払うことは切っても切り離せません。

税金について知らないだけで損をしてしまったり、払うべき税金を払わずに追加徴税という形で税務署からチェックが入ったりすることもありますので要注意です。

 

副業の種類によって税金の計算方法も異なります。自分が行なっている副業がどの所得とみなされるかは知っておく必要がありますので副業を始める前にチェックしましょう!

 

今回は、「タイプ別に見るサラリーマン向け副業のメリット・デメリット」で学んだ副業のタイプ分けをもとに、タイプ別に見る副業の所得の種類と課税方法について見ていきたいと思います。

所得別の課税方法についての詳細は「所得の種類が異なると課税方法も異なります!〜総合課税・申告分離課税・源泉分離課税〜」で取り上げておりますのでこちらを確認して下さい。

 

スポンサーリンク

①時間を売って稼ぐ副業

ひとつ目は自分の時間を売って稼ぐ副業です。

 

例えば
アルバイト(接客業・警備員・引越し作業など)

 

本業の他にアルバイトを行うパターンであり、ここでの収入は給与所得となります。

給与所得は総合課税で計算、つまりその他の所得と合計したものから税金を計算されます。

 

副業でアルバイトを行なっているということは、本業は本業で年末調整を行なっているはずですので、2箇所以上から給与を受け取ることになりますので、2箇所目以降の所得が20万円/年を超える場合は確定申告が必要となります。

 

②能力を売って稼ぐ副業

2つ目は自分の能力を売って稼ぐ副業です。

 

例えば
記事作成・イラスト販売・写真販売など

 

趣味と実益を兼ねて副業のパターンであり、事業所得になるか雑所得になるかは収入の多少や税務署への届出の有無によって異なります。

事業所得か雑所得かによって、他の所得と損益通算ができるかどうかが変わり、事業所得の方がお得です。

 

こちらも本業とは別に副業として得る所得が20万円/年を超える場合は確定申告が必要です。

 

③投資をして稼ぐ副業

3つ目はお金自身に働いてもらう副業です。

 

例えば
株式投資、FX、仮想通貨投資、不動産投資など

ここでの所得は投資の種類によって異なります

 

株式投資:譲渡所得、申告分離課税
特別口座(源泉徴収あり)を選んでいる場合は確定申告の必要なし
 特別口座(源泉徴収なし)・一般口座を選んでいる場合は確定申告の必要あり

 

FX:雑所得(先物取引に係る)、申告分離課税
→所得が20万円/年を超えている場合は確定申告の必要あり
 その他先物取引に係る雑所得(CFD・オプション取引)と損益通算が可能

 

仮想通貨投資:雑所得、総合課税
→所得が20万円/年を超えている場合は確定申告の必要あり

 

不動産投資:不動産所得、総合課税
→所得が20万円/年を超えている場合は確定申告の必要あり

 

ここで取り上げた所得は多くの場合が、副業として20万円/年を超える場合は確定申告の必要ありです。

ここで気をつけなければならないのが、収入ではなく所得が20万円/年が基準となるところです。所得とは儲けのことですから収入から経費を引くことができますので要注意です。

 

④資産をシェアして稼ぐ副業
⑤インターネットで稼ぐ副業

4つ目は遊休資産を活用して稼ぐ副業です。

例えば
空き部屋シェア、カーシェア、駐車場シェアなど

 

続いて5つ目がネットで稼ぐ副業です。

例えば
ブログ運営、ポイントサイト、オンラインサロン等

 

こちらは両方とも同じくくりとなり、事業所得になるか雑所得になるかは収入の多少や税務署への届出の有無によって異なります。

 

こちらも本業とは別に副業として得る所得が20万円/年を超える場合は確定申告が必要です。

 

まとめ

途中からほとんど20万円/年を超える場合は確定申告の必要ありでしたね。

 

まとめると基本的に副業を行う場合は、

 

・年間で所得が20万円を超える場合は確定申告の必要あり
・所得によっては損益通算をすることもできるため確定申告をした方がお得の場合も!

 

基本的にはこの流れで税金が計算されますが、管轄の税務署によって対応が異なる(事業所得の判断など)こともありますので、わからない場合は管轄の税務署に聞いてみましょう!

 

確定申告をしなければならないというのは、面倒な気もしますが、副業を始める上で最初のハードルは安定して収益を出すことですので、

確定申告をしなくちゃならないほど副業で稼ぐ!を目標にして頑張りましょう!

コメント