タイプ別に見るサラリーマン向け副業のメリット・デメリット

副業
Alexas_Fotos / Pixabay
スポンサーリンク

平成30年1月、副業・兼業について企業や働く方が現行の法令のもとでどういう事項に留意すべきかをまとめたガイドラインが厚生労働省から発表されました。

 

副業・兼業に関するガイドライン 引用:厚生労働省

 

今までの副業・兼業のイメージというと、一部の人が行なっている特殊例であるというイメージが強く、事実副業・兼業を認めている企業も数少なかった為、副業を行なっていると公言している人は私の周りには皆無でした。

 

ガイドラインの発表を機に政府公認で副業・兼業が推奨されるようになり、ソフトバンク・ユニチャームなどの大手企業が続々と副業を認め始めるにつれて、副業に対する関心も以前とは比べものにならない程高まってきています

 

しかし、政府が副業・兼業を推奨していると言っても、実際に副業をしている人というのはまだ一部の人だけであり、大多数は本業一本で仕事をしている状態です。

 

大企業も倒産する世の中、いつ勤めている企業が倒産したり人員削減のためのリストラを決行するかは誰にもわかりません。そんな中、収入源をサラリーマン一本だけでいくのは昔なら良かったですが現代ではリスクとなってしまいます

 

副業をするということは「収入源を複数持つ」ということであり、いわばリスクヘッジの一環であると言えますので、どんどん実施していくべきです!

 

と言っても、副業をすると言っても「じゃあ具体的に何をすればいいの?」という人も少なくないと思います。

 

副業をする際は自分に合ったものを選ぶことが重要ですので、今回はタイプ別に副業のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

①時間を売って稼ぐ副業

ひとつ目は自分の時間を売って稼ぐ副業です。

 

例えば
アルバイト(接客業・警備員・引越し作業など)

メリット
働いた時間に応じた報酬を確実に受け取れる

デメリット
時間が限られるため報酬にも上限ができてしまう

 終業後や休日に働くことになるため体力的に厳しい

 

本業の他にアルバイトを行うパターンです。

誰でも簡単に始めることができ、時間給で決められた報酬が得られる代わりに、本業での合間に働くため体力的に厳しいという特徴があります。

 

ドラマなどで「掛け持ちで仕事をしている苦労人」というとこの感じをよく見かけますよね。一昔前の副業のイメージです。

 

②能力を売って稼ぐ副業

2つ目は自分の能力を売って稼ぐ副業です。

 

例えば
記事作成・イラスト販売・写真販売など

メリット
自分の得意分野で稼ぐことができる

 高い独自性があれば高い報酬を得られる
デメリット
:単価が低い場合は数をこなさなければならない

 単価を上げるには他にはない独自のスキルが必要

 

趣味と実益を兼ねて副業のパターンです。

報酬は自身の仕事の質と量に依存するため報酬額は不安定ですが、独自性を出すことができれば高い報酬を得ることができます。

 

「他の人とは目の付け所が違う儲け人」などの特集で紹介されることがあるので、副業としても認知度は高いです。

 

③投資をして稼ぐ副業

3つ目はお金自身に働いてもらう副業です。

 

例えば
株式投資、FX、仮想通貨投資、不動産投資など
メリット
隙間時間を使って投資をすることができる
 レバレッジを使い手持ち資金よりも多く投資できる
デメリット
継続して儲けを出すためには専門知識が必要

 始めるにはまとまった資金が必要
 儲けが出ることもあるが、損失が出る可能性もある

 

隙間時間に投資で稼ぐパターンの副業です。

始める前にある程度の知識が必要であり、知識を得て始めたかといって必ず儲けが出るとは限らないのが投資です。素人が遊び半分で手を出すと大きな損失を被ることもあるので要注意です。

 

儲けが出るときは大きいですが損失が出る可能性もあるので、まずは余剰資産から少しずつ投資に回していくのが良いでしょう。手堅くいくなら短期売買ではなく、投資信託を毎月自動積立で購入して長期投資を行うのをオススメします。

 

④資産をシェアして稼ぐ副業

4つ目は遊休資産を活用して稼ぐ副業です。

 

例えば
空き部屋シェア、カーシェア、駐車場シェアなど

メリット
使用していない資産を有効活用して稼げる

デメリット
そもそも遊んでいる資産がないと始められない

 メンテナンスなどの準備が必要

 

持っているものを活用して稼ぐパターンの副業です。

そもそも遊んでいる資産がないと始められませんが、遊休資産がある人には元手なしで始めることができるので人気の副業です。

 

民泊などは最近ニュースでも見かけるようになりました。法律面が追いついていない面もあるので、今後も同様に稼げるかが不明なのが少し不安な副業です。

 

⑤インターネットで稼ぐ副業

5つ目はネットで稼ぐ副業です。

 

例えば
ブログ運営、ポイントサイト、オンラインサロン等

メリット
初期費用が少なく(もしくはゼロで)始められる

 隙間時間を使って稼ぐことができる
デメリット
継続的に稼ぐためには根気よく続ける必要がある

 ある程度の収益を出すのに時間がかかる

 

ゼロから作り上げて稼ぐパターンの副業です。

 

このタイプの副業は安定した収益を出すのに時間がかかりますが、収益が出始めるとある程度安定して収益を得ることができるというのが特徴です。

もちろん誰にでもできる類いの副業ではなく、知識とセンスが必要になってきます。根気強く継続することが必須となりますので、収益が出る前に途中で諦めてしまう人が多いのも特徴です。

 

自分に合った副業を選ぶ

以上のように副業といっても様々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットを持っています。

 

皆さんはどの副業に魅力を感じましたか?

 

どれかひとつに絞る必要はありませんので複数組み合わせるのも良いですし、これ以外にも様々な種類の副業があるので、自分に合った副業を探してください。

 

重要なのは、収入源を複数持ってリスクヘッジをしておくことです。

 

残念ながら、今まで通りの働き方を続けるのがリスクになってしまう世の中になってきています。何かあったとき会社はあなたを助けてくれませんし、自分の身は自分で守るしかないです。

 

これを機に自分自身の働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

コメント