実際にこの勉強法で受かりました!忙しい社会人のためのFP3級・簿記3級に1ヶ月で受かる勉強法

自己啓発
スポンサーリンク

FP3級と簿記3級は社会人には必須資格!では、身近なお金の問題について幅広く知ることができ、お金の流れについて理解することができるといった理由から、最低限FP3級と簿記3級は資格を取るべきであるとお伝えいたしました。

 

資格取得となると誰もが気になり切って話せないのが「資格合格に向けた勉強法」についてだと思います。

勉強方法といっても、自己流で勉強する方法もあれば専門学校や通信教育に通い人から教わる方法など様々な方法があり、どの勉強法が良いかわからないですよね。

 

ここからは私自身の経験を踏まえた話になるのですが、FP3級と簿記3級だけに限って言えば、専門学校や通信教育などで高額の費用をかける意味はありません。

 

誰でもお金をかけずに簡単に合格することができます。

 

では実際に私自身が行った勉強法を見ていきましょう。実際にこの勉強法で試験に合格しているので、ある程度は参考になると思います。

FPと簿記では試験日程が違うので両方の勉強が被ることはないので、ぜひこの勉強法を参考にしてそれぞれの試験合格を目指してください!

スポンサーリンク

まずは教科書を流し読みする

 

まず最初に行うのは概要を理解することです。

 

全体像を最初に理解することで勉強すべき箇所の規模感がわかるため、勉強の効率がアップします。

私が使っていた教科書はTAC出版の「みんなが欲しかった!FP3級の教科書」と「スッキリわかる日商簿記3級」でしたが、全体像がわかれば良いので特にこの教科書じゃないといけない等の縛りはありません。

 

なるべくお金をかけたくないのであればBOOKOFFなどで古本を買うのもOKです。
※法律が変わっていることもあるのであまりに古過ぎるものはNG

 

FPは1日1章ずつ、簿記は1日3章ずつくらい流し読みをすればそれぞれ1週間くらいで概要を掴めます。

まだ細かい部分を覚える必要なありません。
こんなことを学ぶんだなぁ程度で大丈夫です。

 

次はスマホアプリを活用

概要が理解できたら後はひたすら反復です。

 

会社や学校の行き帰りの電車の中の隙間時間を使ってスマホアプリで学びます。

私が使っていたのがGooglePlayストアの「3級FP過去問解説集」と「簿記3級倒して覚える勘定科目」の2つのアプリです。

 

FPについては、身近な問題が多いですので概要を理解したらすぐに過去問に取り掛かります。5回分の過去問を解くことができるのでひたすら繰り返して5回分は完璧に解けるようにしましょう。

 

簿記については、そもそも普段の生活では使わない「勘定科目」というものが出現し、それを覚えるのが壁のひとつとなっています。このアプリでは遊び感覚で勘定科目を覚えることができるので、まずは勘定科目を完璧に覚えるところから入りましょう。

 

それぞれ1週間程度でひと通り学び終えると思いますが、1週間経った後も試験日までは毎日空き時間を見つけて勉強をし続けましょう!

 

最終仕上げのネット過去問

ここまでの勉強法①と②を終えることで、過去問を解く基礎が出来上がっていると思います。

 

あとは最後の仕上げの過去問です。

 

1日に1回分の過去問を毎日解きましょう。2週間あれば過去7回分の過去問を2回ずつ解くことができますので、2週間経つ頃には問題なく試験を合格できるだけの知識がついていると思います。

 

過去問はネットでも掲載されておりますので、お金をかけて過去問を買う必要はありません。ちなみに私は「3級FP過去問解説」「簿記検定ナビ」の二つのサイトを使用していました。

 

最後に

以上の方法できちんと勉強をすれば、FP3級・簿記3級ならば誰でも受かることができます。ちなみに私はFP2級・簿記2級も同様の勉強法(期間は長め)で無事合格致しました!

 

ここまで試験に受かるための勉強法を見てきましたが、間違えてはいけないのは「試験に受かるのが最終目的ではない」ということです。

 

FP3級・簿記3級について勉強する目的は、身近なお金の知識を得るということです。

実際に身の回りでお金について問題が起きた時に「そういえばFP(簿記)を勉強した時になんたらとかいう制度があったな。詳しく調べてみよう!」と思うことができたら、FP・簿記を勉強した価値はあるのではないでしょうか。

 

お金は全ての人が関わることですので、知識があって損はありません。

FP3級・簿記3級取得を皮切りに自分自身で色々とお金について勉強するようにしていきましょう!

コメント