FP3級と簿記3級は社会人には必須資格!

自己啓発
スポンサーリンク

今回のテーマは私が考える社会人必須資格であるFP3級と簿記3級についてです。

 

様々な理由からこの2つの資格を社会人必須資格としているので、ひとつずつ説明していきたいのですが、本題に入る前にまず基本的なところである「FP3級・簿記3級」とはどのような資格のことを言うのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ファイナンシャルプランナー技能検定とは

FP技能検定とは読んで字のごとく、FPになるのに必要な知識・技能を習得できているかどうかを評価する検定です。

日本FP協会・金融財政事情研究会の2つの団体が実施しているため国家資格ではなく民間資格となっております。

 

ここで言うFPとはどのような人のことを言うのか、日本FP協会のホームページに以下の説明が載っています。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。(日本FP協会)

FPとは家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度のスペシャリストであり、その最初の足がかりとなるのがFP技能検定3級と言うことです。

 

FP3級は実生活に関わり合いのある知識が多く、この検定の勉強をするだけでお金に関わる制度などを幅広く学ぶことができますが、この検定を取ったからといって特定の仕事ができるようになるなどの特典はありませんので、あくまで勉強のためと割り切った方が良いかもしれません。

 

日商簿記検定とは

日商簿記検定とは日本商工会議所が実施している民間資格であり、簿記の知識を問う資格のことを指します。

簿記とは、簡単に言うと「お金や財産の取引の記録をつける際の世界共通ツール」であり、この世界共通ツールを使用することで企業の現状を誰が見ても同じように把握することができます。

 

簿記を理解することによって、会計知識だけではなく基礎的な経営管理や分析力、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、全ての社会人に役立つと言われていますね。

簿記3級では簿記の基礎となる部分を学ぶことができると共に、昇進するのに必要な企業があるなど社会的にも認められている資格の一つです。

 

FP3級・簿記3級が社会人必須資格である理由

では、ここからが本題となります。

 

FP3級と簿記3級が社会人必須資格であると考えるのにそれぞれいくつか理由があります。

 

まずFP3級からいきましょう。

  1. 身近なお金の問題(金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度)について幅広く知ることができる
  2. 知っているようで知らない曖昧な知識を補完してくれる
  3. 試験の難易度がちょうど良い(ちゃんと勉強すれば誰でも受かる)

 

FP3級で取り扱われるのは実生活に関係のあるお金の問題ですので、自分の体験と紐付けて考えることができ、幅広いお金の知識を得ることができます。

自分に関わりのあることは知っているけどそれ以外のことは知らないという人は多いですよね。その知識の偏重を補ってくれるのがFP3級だと考えます。

 

また、試験が難しすぎないというのも良い点です。

人は明確な目標があるとそれに向かって行動しやすい生き物です。モチベーションを長い期間保つのは至難の技ですから、「一ヶ月勉強すれば誰でも受かる」くらいのレベルであるFP3級は目標として最適であると思います。

 

 

続いて簿記3級について挙げていきます。

  1. 企業におけるお金の流れを知ることができる
  2. コスト意識を持つことができる
  3. 数字に対しての苦手意識をなくすことができる

 

仕事をする上で重要なのは利益を出すことであるというのは仕事をしている人にとっては当たり前だと思いますが、最終的な利益をどう出すのかを知らずに仕事をしている人も少なくありません。

 

企業におけるお金の流れを知ることは、強いてはコスト意識を持つことに繋がりますので、仕事上だけでなく日常生活においても生かすことのできる知識です。

 

最後に、数字に対しての苦手意識をなくすことができるというのは一つの大きなメリットだと思います。意外と数字に拒絶反応する人いますよね。簿記で扱う数字は足し算・引き算・割り算・掛け算ができれば解けるので、大人にとっては簡単ですので、数字が苦手な人にも問題なく理解することができます。

 

FP3級・簿記3級は続けて勉強して欲しい!

FP3級と簿記3級、二つの資格は全く別の資格ですが、お金を扱っているという点で共通点があり、出題される内容も似通っている箇所があります。

FP3級の勉強をしていると「ここ簿記でやった気がする」という知識がちょこちょこ出てきますので、それぞれをバラバラの期間で勉強するのではなく、続けて勉強することで両方の理解を深めて頂きたいです。

 

FP3級・簿記3級はこのブログで取り上げている「社会人のためのお金の教養」のまさに基礎となるところですので、大学生や社会人なりたての人、お金について学びたい人はぜひ受けて頂きたいと思います。

 

私自身も、FP3級⇨簿記3級の順番で試験を受け、無事合格することができました。ここで勉強した知識が自分の基礎となっているので、是非オススメしたいです。

コメント