【2019年実践編⑤】安定した勝率を誇るコール売り戦略を実践してみた

投資実績
geralt / Pixabay
スポンサーリンク

安定した勝率を誇るコール売り戦略〜オプション取引〜で学んだ世界一やさしいオプション取引の教科書1年生(岩田亮)」で紹介されている「コール売り戦略」の投資方法、2019年実践編⑤です。

具体例を持ってコール売り戦略について学んだいきます。

 

2019年コール売り戦略 投資実績
①2月13日売り:2月15日決済 +9,568円 累計+9,568円  →実践編①
②2月18日売り:2月28日決済 +9,568円 累計+19,136円   →実践編②
③3月  1日売り:3月11日決済 +9,568円 累計+28,704円   →実践編③
④3月14日売り:3月25日決済 +9,568円 累計+38,272円   →実践編④

 

まずは、コール売り戦略の流れについてのおさらいです。

 

スポンサーリンク

コール売り戦略オプション選定ルール

限月を特定する
SQ日までの残日数(営業日ベース)が50日〜20日になる限月を探す
(初心者のうちは残日数が残っている方が無難)

 

権利行使価格を決める
現在値が15円前後、または20円前後になっている権利行使価格を見つける
(初心者のうちは15円を選んだ方が無難)

 

特定したコールを本当に売っていいかどうかの確認作業をする
特定したコールの権利行使価格が、現在の日経平均株価から2000円以上離れているか確認。もし差が2000円ない場合は、もうひと段階安い(15円よりも安い)コールを選び直す

 

そのコールを売るために必要となる証拠金を確認する
必要委託証拠金の3倍以上の軍資金を準備する

 

上記ルールに該当するオプションを売る
 10円の利幅で利益確定(返済買い注文)

 

選定ルール確認(4月2日現在)

具体的な流れを再確認したので、この流れに沿ってみていきたいと思います。

 

限月を特定する(4月2日基準)

5月9日がSQ日の5月限オプション=残日数20日
6月14日がSQ日の6月限オプション=残日数46日
7月12日がSQ日の7月限オプション=残日数66日

直近の限月を確認すると上記の残日数となった。条件に合うオプションは5月限と6月限だが、残日数が多い方が有利のため6月限のオプションに決定

 

権利行使価格を決める

権利行使金額24,000円のコールオプション → 現在値23円
権利行使金額24,250円のコールオプション → 現在値17円
権利行使金額24,500円のコールオプション → 現在値13円

こちらは初心者おすすめの15円に近い権利行使金額は24,250円に決定。

 

特定したコールを本当に売っていいかどうかの確認作業をする

現在の日経平均株価が21,500円、コールオプションの権利行使金額が24,250円なので、差額は2,750円となる。差額が2000円以上あるので問題なし

建て玉は513となっており、前後1,000円にも建て玉が3万を超えている銘柄はないのでエントリーを見合わせるルール①建て玉が多い時についても問題なし

 

そのコールを売るために必要となる証拠金を確認する

SPANシミュレータで計算したところ、6月限権利行使金額24,250円のコールオプションを売るのに必要な必要委託証拠金は212,300円と出ました。

軍資金は必要委託証拠金の3倍ということで約60万円を用意して準備完了です。

 

実際にコールを売ってみる

これで売るまでの確認作業は終わりですのであとは実行に移すだけです。

 

4月2日(火)  
6月限24,250円コールオプション17円1枚売り
必要証拠金212,300のところ軍資金は60万円
10円差の7円で利益確定注文

 

上記の内容で売ることができましたので、ここからはオプションの値段を確認しつつ、日にちが経ったところでこの取引がどうなったのか検証していきたいと思います。

 

結果が出るまでしばしお待ちを!

コメント