投資信託の長期積立投資はリスクを分散しながら資産形成ができるのでオススメ!

投資
スポンサーリンク

「はじめての人のための3000円投資生活」でも話題になった投資信託。

 

今では長期投資の代名詞とも言えるくらい有名な投資方法として世間にも認識されていますが、みなさんは投資信託の仕組みを理解していますか?

 

今回は、投資信託の仕組みを理解した上で、なぜ投資信託が長期投資に向いているのかという理由から良い投資信託の選び方まで学んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも投資信託って何?

そもそも投資信託とはどのような金融商品なのでしょうか?

 

投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用のプロが株式や債券などに投資・運用を行い、その結果(利益・損失)が投資家に投資家に還元されるという金融商品。集めた資金をどのような対象に投資するかは、投資信託ごとの運用方針によって異なる。

 

簡単にいうと、お金を専門家に預けて手数料を払って代わりに運用してもらうものです。

 

投資信託の投資対象には様々な種類があり、国内外の株式・債券・不動産など、運用方針によって変わってきます。運用方法は大きく分けてインデックス型とアクティブ型に分けることができ、公募されている投資信託は6000本を超えます。

 

6000本の中から選ばなくてはならないとなると何を買っていいのかわかりません。ここからは投資信託の種類やメリット・デメリット・選び方などを考えていきたいと思います。

 

インデックス型投資信託・アクティブ型投資信託

  • インデックス型投資信託
    日経平均株価など、特定のインデックス(指数=市場の平均的な値動き)に運用成果が連動するように設計されている投資信託。手数料は少ないが市場と連動するため市場の上昇以上の成果は期待することができない。
  • アクティブ型投資信託
    目標に定めたインデックスを上回る運用成果をめざす投資信託。市場を上回る成果を求めるため、失敗すると市場を下回ることもありうる。インデックス型と比べて手数料が高い。

 

投資信託は大きくインデックス型とアクティブ型に分けることができ、目指している成果が異なります。リスクをとって大きく儲けることを目指したアクティブ型とリスクは少なく儲けも普通にを目指したインデックス型。手数料はアクティブ型の方が高いという特徴があります。

 

投資信託のデメリット

①コストがかかる

 投資信託は、運用のプロに任せて投資を行うため運用費用を払う必要があります。

 販売買付手数料・・・購入する際にかかる手数料、手数料なしの投資信託もある(ノーロード)
 管理費用・・・投資信託の運用にかかる費用
 監査報酬・・・決算ごとに必要になる監査の費用
 信託財産留保額・・・換金するときにかかる費用

 

②元本保証がない
金融商品ですので、価格の上下があり元本を下回る可能性があるので、貯金などのように元本保証はありません。

 

投資信託のメリット

①少額から投資が始められる
株式投資ではある程度まとまったお金が必要となりますが、投資信託は、100円から投資が可能です。

 

②分散投資でリスクを軽減できる
投資信託ではファンドが1つの銘柄だけでなく複数の銘柄に資金を分けて投資を行うため、分散投資を行なっているのと同じことになりリスクを分散、軽減することができる。

 

③個人では投資しにくい国や地域、資産に投資できる
投資信託では、国内外の株価指数、株式、不動産、債券など、組み込む資産は多種多様であるため、個人では困難な発展途上国の株式や債券などに投資することができる。

 

投資信託の最大のメリットは積立投資

  • 自動的に投資を続けられる
    一度設定を行うと、毎月指定日に自動的に購入することができるので、投資のタイミングを気にしなくて良くなる。

 

  • 買うタイミングの分散ができる
    回数を分けて長期運用するのでリスクの分散を行うことができる。

 

副業として株式投資を行なっている場合、株式投資にだけ時間を使っているわけにはいきません。投資信託の積立投資では金額を指定して設定を行うと毎月自動的にその金額で購入出来る分の投資信託を自動的に購入してくれます。

 

自動的に購入するということは長い目で見ると投資信託の価格が高い時期もあれば低い時期もあるということです。

回数を分けて買うことでリスクの分散にもなりますし、投資信託の価格が下がった場合は同じ金額でも買える口数が増えますので、価格が戻った時の利益も増えます。

 

価格が下がった時も後々の利益につながる投資ができるということで積立投資による長期投資が注目を集めています。

 

投資信託銘柄の選び方

ここまで投資信託についての説明を行なっていきましたが、これだけでは6000本以上の種類からどのように選べばいいのかはわかりません。

 

そこで銘柄を選ぶ上で大切なことが以下の3点です。

 

  1. アクティブ型であろうとインデックス型であろうと未来の成果を予測することはできない
  2. 売買手数料・管理費用は売買時または毎年必ず発生する費用である
  3. 投資信託においても分散投資によるリスクヘッジは必要

 

1について、過去の成果が必ずしも未来の成果に繋がるとは限りません。アクティブ型はプロが運用を行なっているからインデックス型よりも成果が高いということでもなく、6000本もの投資信託から成果がでる投資信託だけに投資を行うことは不可能です。

 

銘柄を選ぶ時に必要なのは、わからない成果について考えることではなく、絶対に発生する費用がどのくらい発生するのかを知ることです。

成果は未定ですが費用は確定です。費用が高ければ、成果を出したとしても費用に食いつぶされてしまい最終的な利益は少なくなってしまいます。

 

未来の成果がわからないなか、私たちが利益を増やすためにできることはなるべく手数料が低い投資信託に投資をするということです。

 

アクティブ型よりもインデックス型の方が手数料が低いので、選ぶならインデックス型一択となります。

 

それではインデックス型の中ではどの銘柄を選べばよいのでしょうか?

 

投資は分散投資が基本ですから、リスクを分散するために投資先を分散させる必要があります。私は値動き・リスクが異なる日本株式・日本債券・外国株式・外国債券のそれぞれに投資することを勧めます。

 

実際に積立投資している銘柄

投資信託について学んだ上で私が積立投資しているのが下記の3銘柄です。

 

  • ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
  • ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

 

全てノーロード(購入・換金手数料なし)かつ購入時点で管理費用が最も少なかった銘柄です。日本債券については値動きがほとんどないため資産運用として魅力がなかったため購入をやめました。

 

この3銘柄に最初は合計で月1万円、現在は合計で月2万円ずつ投資しております。

 

投資信託を始めるときに重要なことは無理のない金額で毎月自動積立で購入することです。自分にあった金額から始めてみましょう!

 

まとめ

今回学んだ投資信託ですが、やはり一度設定すれば自動で積立できるというところが一番の魅力ですね。

 

仕事をしながら、いちいち銘柄を調べて買うのは時間的にも難しいですので、自動で積立を行い将来に備えることができる投資信託はサラリーマンにオススメの投資方法です!

コメント